仕事

【仕事がつらい人へ】10年間部署長をやったメリットとデメリット!退職もあり!医療業界をぶっちゃっける!

どうもぱんこです☆

ぱんこは2018年の春まで約10年ほど薬局長をやっていました。

今回は部署長のメリット・デメリット、部署長から平になってみての率直な感想もお伝えします。

医療職ではない方にもお役に立てれば幸いです

【目次】

部署長の経験でのメリット

接待が熱かった

薬局長時代は接待がありました。

2012年4月に接待は原則禁止と法律が改定されたので、それからはありませんでしたがあまり自分でいかないような高級で、美味しいお店も行けたのでよかったです。

製品名の入った物品がもらえた

f:id:pandafullife:20190901170940j:plain

2018年に薬の適正使用促進のために製品名のはいった物品を配ることが禁止となりました。

それまではけっこういろいろなものを営業の方は持ってきてくれました。

🎋もらったもの

ぬいぐるみ、スマホのタッチペン、卓上時計、懐中時計、靴の臭い消しシート、システム手帳、ライト、タオル、足袋、ハンドクリーム、ボックスティッシュ、ウエットシートなどです。

当時もらったぬいぐるみが子供達がすごく気に入っています。

ぱんこはお目にかかったことはないですがヴィトンのポーチを配ったりもあったようです。

今ももらえる状況だったらたくさん物品もらってメルカリで売りさばいてお小遣いを稼いでいた可能性は大です🐼

物品以外でも新しい薬がでると薬の見本という形でその薬がもらえました。

夜の生活に使える薬とかもあったり。

知識が著しく向上した

薬の採用に関して重要なポジションにいたため、営業の方も勉強会に出席してもらうことに必死になります。

ぱんこが田舎の病院勤務のため、タクシーチケットを必ずつけてくれました。

医師向けの勉強会にもかなり参加したため、病気についても大変勉強させていただきました。

製薬会社には大変感謝しています。

部署長の経験でのデメリット

無駄な研修会の強制参加

トップが企画した内容で役に立たない研修会に数合わせのため強制的に参加させられます。

部署から全くの参加者がいないと気まずいことになるので身を切ることになります。

時間という貴重な財産が搾取されるのです。

部署長ならではの人間関係

これがぱんこの精神を追い詰めた最大の原因なのですが、とにかく嫌な人間との強制的な付き合いが発生します。

とにかく、幹部の人達からのパワハラがひどいです。

そのせいで自分の職場の建物をみると吐気がするなど身体に変調が起こりました。

部署内部の人間関係でもいざこざがあります。

その際に、不公平にならないように状況を確認し解決することもストレスの多かったです。

部署長手当が少ない

部署長の手当が15000円でした。

手当は15000円ですが、税金が引かれて実際の手取りは9000円です。

業務量の増え方、責任に対しての対価が低すぎました。

実際薬剤師自体を辞めるかどうかまで追い詰められました。

薬剤師になるために大学費用でかなりの額を親が投資してくれています。

そこまでして部署長でいなくても他にそれ以上の額を稼げる方法はあるという考えに至りました。

まとめ

今部署長を離れてみて、家族と過ごせる時間も増え妻も子供達も喜んでくれています。

子育ても一緒にできる時間ができました。

環境が落ち着いたため部署長時代にあった定期的な体調不良はなくなりました。

時間とお金のバランスはものすごく重要です。

ぱんこの場合は転職ではなく、給料の状況から部署長を外してもらうことで対応しました。

もしかしたらあなたにとって転職の方がよい可能性もあります。

また退職がなかなか言いづらいなどあれば、リーズナブルな価格で退職の手続きを代行してくれるサービスもあります。

退職金のことなど交渉ごとがある場合は、退職代行の場合弁護士が対応してくれる方が金額が上がりますが安心です。

どちらだとしてもきつくなったときは無理をし過ぎず冷静な判断ができるうちに最善の状況を選べるようにしてください。